株式会社ヒューマンシステム システムづくりにおもいやり

社名の由来

ヒューマンシステム
HumanSystem

ハードウェアとソフトウェアだけでシステムが出来ているとは思わない。

創業当時、エンジニアとして上流工程の仕事から携わっていた代表である湯野川が考えたのは、システムの中心にいるのはシステムを使う人であり、システムを使ってサービスを提供する人、そしてそのシステムを創る人・・・

システムは人が使うもので人によって創られるものであるということ。

いろいろな人の関わるシステムについて最善のシステムを創る為にはそういう人達に対しての「おもいやり」が大切であると。

システムづくりに思いやりをもって取り組むこと、人と人との結びつきを大切にすることから“ヒューマンシステム”という名前を付けました。